下関のふくの情報が満載!
リーズナブルなふくから高級なふくまで下関のふくすべてがここに!

ふくの本場下関

春帆楼本店泊まる

明治21年、初代内閣総理大臣伊藤博文公によりふぐ料理公許一号店の栄を賜り130余年。歴史の舞台となった関門の急流を望み、深い緑に抱かれた佇まいと美しい下関の迎賓館。日清講和条約締結会場など歴史という夢の行き来を見つめ続けてきた春帆楼は、今なお変わらぬ“おもてなし”の心で皆様をお迎えしております。

店舗情報

店舗名 春帆楼本店
ふりがな しゅんぱんろうほんてん
スタイル 旅館・ホテル
HP https://www.shunpanro.com/location/shimonoseki/
予約・お問い合わせ 083-223-7181
営業時間 昼食(11:00~14:00) 夕食(17:00~22:00) 宿泊チックイン16:00~
定休日 年中無休
住所

下関市阿弥陀寺町4-2

JR下関駅からお車で約10分・新幹線新下関駅からお車で約15分・下関ICからお車で約10分/山口宇部空港からお車で約50分 新北九州空港からお車で約60分 福岡空港からお車で約80分

駐車場 有 (普通30台/大型4台)
支払方法 現金、カード(VISA、MASTER、JCB、AMEX、Diners)

おすすめプラン

  • ふく食解禁130年限定プラン

    ふく解禁130周年ふく刺し食べ比べプラン

    ふく刺し個人盛を2枚、現代のふく刺しは春帆楼のポン酢で、解禁時のは醤油と酢橘を絞ったものをご用意。進化した現代の食べ方なのか、解禁時はこうして食べてたであろうふく刺しなのか?さて、勝敗は…130周年の試みでございます。通常は味わえない解禁時のふく刺し≪我こそは≫と思われる方ふるって予約されたし!

    大人1名 39,930円(税抜)~

    ※画像の雑炊は2人様用のイメージです

  • 看板メニュー

    幕末維新山口にてとらふくフルコース(白子蒸付)
    高杉晋作ゆかりの地にて一杯候

    高杉晋作の生き方は男性の憧れなのかもしれません。下関戦争と騎兵隊創設、身分に囚われない志願兵による騎兵隊を結成し、阿弥陀寺を本拠とする。まさにこの地、阿弥陀寺を闊歩していた晋作。晋作におもいを馳せてゆかりの地、阿弥陀寺にて一杯候。

    大人1名 36,300円(税抜)~

    ※ひれ酒一杯付
    ※画像はイメージです。

    お店のページはこちら>

  • 人気

    【薩長同盟150周年記念】ご夕食「ふく薩長会席」
    ※特典【薩摩芋焼酎各一杯又はひれ酒一杯付】

    料理長が厳選いたしました「ふく薩長会席」は鰹のたたき・黒豚の角煮・薩摩風丸十デザートを盛込んだ、ふくとのコラボ料理。長州春帆楼がこだわり抜いた、だいだいぽん酢は無添加の本醸造醤油、北海道産羅臼昆布、【薩摩の枕崎産鰹節】を調合しております。薩長同盟は現在もこれからも長州春帆楼の中で息づいております。

    大人1名 35,090円(税抜)~

    ※ オンラインカード決済可
    ※特典・魔王(薩摩 肝属郡)・伊佐美(薩摩 大口市)・一人蔵(薩摩 曽於郡)・ひれ酒一杯の中より御一人様に付き一杯サービス。
    ※画像の雑炊は2人様用のイメージです

    お店のページはこちら>

  • 人気

    とらふくフルコース白子焼き・鍋用白子付
    白子好きにはたまらないプランひれ酒一杯付

    明治二十年暮れの大時化の日、伊藤公が春帆楼に来店。全く漁のない日、困り果てた女将はお手討ち覚悟でふく料理を、但し「ふく禁食令」は明治十五年の「違警罪即決令」にも「河豚食ふは拘置科料に処す」と定められ、ですが伊藤公は「うん、こりゃ美味い。」と賞賛。翌二十一年に禁令を解き、春帆楼はふく公許第一号店へ。

    大人1名 43,560円(税抜)~

    ※ひれ酒一杯付
    ※画像はイメージです。

    お店のページはこちら>

ふるさと納税について