下関のふくの情報が満載!
リーズナブルなふくから高級なふくまで下関のふくすべてがここに!

ふくの本場下関

株式会社 江戸金持ち帰る

文久2年(1862年)、江戸からきた増田左衛門が「亀の甲せんべい」を焼き始めて以来150以上下関を代表する銘菓として親しまれています。他にも「ふく笛最中」「ふく笑い」「うにパイ」「長州 瓦そば」などを販売しています。

店舗情報

店舗名 株式会社 江戸金
ふりがな かぶしきがいしゃ えどきん
HP http://www.shimonoseki-edokin.com
予約・お問い合わせ 083-223-0391
住所

下関市卸新町7-3

おすすめ商品

  • 人気

    ふく笛最中

    お菓子

    下関の民芸品「ふく笛」を型ちどった一口サイズの最中です。

    700円(税抜)

    取扱店舗
    海響館、ふくの里、ふくの関、ゆめタウン、ゆめマート、ゆめシティ、下関駅、新下関駅

    ※常温

  • 人気

    ふく笑い

    お菓子

    「ふく」が笑っている形をしたかすてら饅頭です。縁起物のお菓子として人気があります。

    680円(税抜)

    取扱店舗
    海響館、ふくの里、ふくの関、ゆめタウン、ゆめマート、ゆめシティ、下関駅、新下関駅

ふくのおいしいお店を紹介